レクサスオーナーが選ぶ「セカンドカー」を見てきた【見積りあり】

ヴェルファイアを前から見た画像
つい先日、家族がマイナーチェンジした「ヴェルファイア」を見たいと言うので、近所のネッツディーラーへ行ってきました。
ヴェルファイアは2018年1月8日にビッグマイナーチェンジをしたばかり!
ヴェルファイアと兄弟車のアルファードは間違いなく高級ミニバン代表ですね。

最上級グレードの「エグゼクティブラウンジ」というものが、レクサスと比較してどんな感じなのかな~とワクワクです。

クオリティたかめ「レクサスオーナー」が選ぶセカンドカー

ヴェルファイアの「エグゼクティブラウンジ」が見たくて行ってみましたが、よく考えてみると最上級グレードの展示車は置いているはずもなく

、うっかりしていました(笑)

リエコ
ヴェルファイアとかアルファードって政治家の方や有名人なんかもよく乗っていますよね~。
きっとそういう方々はこのエグゼクティブラウンジを選ばれているんでしょうね?
セールスマン
そうなんです。今回のマイナーチェンジではエグゼクティブラウンジの販売台数も伸びています。
高級車を乗っているお客様がセカンドカーとして選ぶという事も多いんです。
リエコ
じゃあ、レクサスオーナーさんなんかもですか?
セールスマン
はい。レクサスに乗っている方でもセカンドカーとしてヴェルファイアやアルファードを所有されているお客様は多いですよ。

やっぱりそうですよね~。
レクサスの3列シートと言えば、LX570か最近発売になったRX450hLのみ。
ヴェルファイアみたいなミニバンタイプはまだないですもんね。
ご家族が多かったり、小さなお子さんがいるご家庭はミニバンでスライドドアって重要なポイントです。

レクサスオーナーさんは普段はレクサスに乗り、休日にご家族で出かけるときはヴェルファイアやアルファードっていうかんじみたいです。

リエコが行ったネッツでは、展示車はまだなくて試乗車のみ、新色のダークレッドマイカメタリックがとっても新鮮でした。
でも、ヴェルファイアって、どうしても黒とか白のイメージが強くないですか?

ヴェルファイアを前から見た画像

今回のマイナーチェンジで、フロントもリアも流れるウィンカー(シーケンシャルターンシグナル)になったんですよ。
エグゼクティブラウンジには標準でついていますが、他のグレードはオプション。
これはやっぱりかっこいいので、他の車種でもどんどん採用されるかもしれないですね。

ヴェルファイアをななめ前から見た画像

リアコンビネーションランプは、小・中・大の四角形がはめ込まれている感じ。
これも特徴的で斬新!なんかロボットみたく見えませんか?

ヴェルファイアを後ろから見た画像

リエコが見せてもらったのは、Z“A エディション”というグレードだったので、本革とかではなくファブリックシート。
エグゼクティブラウンジの内装と比べるとやはり大きな差がありますが、広さは同じですからね♪
2列目がベンチシートタイプの8人乗りよりも、間を通れるキャプテンシートタイプの7人乗りの方がやはり人気らしいです。

ヴェルファイアのシート画像

▼こちらがエグゼクティブラウンジの内装です。

エグゼクティブラウンジZの内装画像

(出典:https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/20433735.html?padid=ag478_from_popular)

ナビも10インチのものを入れられます。これだけ大きければ十分!
ヴェルファイアのステアリング画像
ヴェルファイアのナビ画像

レクサスでおなじみの「ヘルプネット」って、トヨタ車にもあったんですね~!!
みなさんはご存知でしたか?リエコは完全に勉強不足でした…。
エグゼクティブラウンジには標準装備らしいです。
「T-Connect」というサービスで、レクサスオーナーズデスクみたいなオペレーターとやり取りするような機能まで!
エグゼクティブラウンジクラスはもういろんな点でレクサスと同じくらいのレベルまで来ているんでしょうね♪

ヴェルファイアのヘルプネットボタン画像

ヴェルファイアの見積もり大公開

ヴェルファイアの最上位グレード「エグゼクティブラウンジZ」と人気のグレード「Z“G エディション”」2種類の見積もりを頂いてきちゃいました。
ご参考程度にご覧ください!

エグゼクティブラウンジZは、いろんなものがはじめから標準装備されているのでオプションはあまりつけなくても大丈夫です。

ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジZの見積もり画像

Z“G エディション”の方は、ナビや流れるウィンカーもオプションで付けなくてはいけないので、オプション代がすごく高くなりますね…。
ヴェルファイアのZ“G エディション”見積もり画像

7人乗りのレクサスRX450hLの見積もりも比較としてご覧ください。

「レクサスRX7人乗り」見積もり価格を大公開<発売日12月7日>

2017.11.22

まとめ

今回ネッツにお邪魔して少し残念だったことがあります。
ここ最近レクサスにばかり行っていたのと、リエコ自身がレクサスでの教育を受けたりセールスレディとしての経験があるからこう思っただけなのかもしれませんが…。

そのディーラーにはヴェルファイアの展示車もなく試乗車も試乗中という事で、現車が見たかったリエコは戻ってくるのを待つことにしたんです。
担当してくれたセールスさんはとても感じのよさそうな人だったのですが、見積もりを作ってくれると詳しく説明してくれることもなく…。
「見積もりはこちらです、試乗車が戻ってくるまでお待ちください」という感じで奥へ引っ込んでしまいました。
試乗車が戻ってくる20分弱、私達のところには誰も来なくて聞きたかったことも聞けず…。
普通なら「いつ頃お乗り換え予定ですか?車検はいつですか?ご予算は?」などなどその空いた時間で、お客様とコミュニケーションを図ろうとするものが普通だと?と思うんです。
というか、その時間がセールスマンにとってはものすごいチャンスなハズなんですけどね~。

リエコがあまりアツいお客さんと思われなかっただけなのかもしれないのですが。
そのセールスさんがお忙しかったのかもとも思いますが、せっかく素晴らしい車なのに残念なかんじでした。

ヴェルファイア自体は超~かっこよくなっていましたし、室内空間もとても広く快適でいい車でしたよ♥

そのセールスさんにもよるとは思いますが、レクサスとのあまりのギャップに驚きました。
やはり…高い買い物なので信頼できる人から買いたいものですね。


ヴェルファイアを前から見た画像