レクサスレディが「このお客さんツウ」だな思う瞬間

少し前に、レクサスレディがちょっぴり苦手なお客様のタイプをご紹介しました。

▼初めてこのページに来て下さった方はコチラを先に読んで下さいね♪▼

レクサスレディが「ちょっぴり苦手」なお客様はこんな人。

2017.10.16

今回は逆に、「このお客様ツウだなー」と思い、好意を持ってしまうような方の事をご紹介したいと思います。

「ツウだな」と思うお客様はこんな人♥


ちょっぴり苦手なお客さまは「威張っていたり、横柄な地度」をとる方。
どんなに地位やキャリアが高くても、威張っているという事だけでその人の価値が下がってしまい残念ですというお話でした。

逆に、「このお客様ツウ♥」と感じ、好意を持てるようなお客様は、腰の低い、物腰柔らかな人。
どんな相手にでも、常にフラットで丁寧に優しい接し方をしてくれるようなかんじ。

例えば、レクサスLSの最上位グレードに乗っているオーナーさん。
金のロレックスに、バリっと高級スーツを着こなしているような方。

誰が見ても、キャリアや地位、能力が高い人と一目でわかりますね。
そんな人が笑顔で腰を低くして接してくれると、無条件にその人に好意を持ちます。

明らかに自分よりも経験や知識も豊富な人が、笑顔で丁寧な対応をしていると、その人の価値がさらにアップすると思いませんか?
一見、威張られてもしょうがないような人に、腰が低い物腰柔らかな対応をされると、自分自身の価値まで上がったような気がしてしまいます。
私だけだったらごめんなさい(笑)

そうゆう人って「ツウだなー」と思うんです。
なぜなら、腰が低く物腰柔らかな方だと、レクサスレディ的にもおもてなしがしやすいですし、どこへ行っても得をしているような気がします。
食事へ行ったときなども、割引券などたくさんもらえちゃうタイプですねっ。
威張っている人は、きっとなかなかもらえないと思います。

どんな人にでも笑顔でフラットな対応をしてくれる人は、どこへ行っても好印象を持たれますね。
そんな人がレクサスレディの中でも人気でしたよ。

まとめ

レクサスレディ的に「ツウだな」と思うお客様は、誰にでも笑顔で腰が低く、物腰柔らかな方。
そんなお客様はどこへ行っても得をするでしょうし、さすが、分かってるなーという感じです。

レクサスのお客様は、圧倒的に「ツウだな」と思える人の方が多かったですよ。
ちょっぴり苦手なお客様はごく一部。

キャリアや地位、能力が高いお客様が私に笑顔で優しく接してくださると、本当に嬉しい気持ちでした。
レクサスレディをしていなければ、なかなかそんなお客様とお話することもなかったはず。

レクサスでの毎日は、とても新鮮で貴重な経験。
オーナーさんとの関わりの中で、いろんなことを勉強させて頂き、ありがたい気持ちでいっぱいでした。