なぜ選ばれ続ける…知らないと赤っ恥「レクサス」基本のキ②

契約書にサインする女性の手の画像
レクサスはなぜあんなに高いの?と疑問に思う方も多いと思います。

今までもこのブログの中で、レクサスのオーナー限定特典、おもてなしの素晴らしさなどをお伝えしてきました。
レクサスが高級車でも選ばれ続けているのは、もちろん車そのものに理由もあるんですよ。

今回は、プレミアムカー「レクサス」のポリシーについてお伝えしたいと思います。


レクサス車であるための基準は500項目以上

レクサス,LEXUS,腰に手を当てて指差しをする笑顔の女性の写真
レクサスマスツ(LEXUS MUSTs)というものをご存知ですか?
※一般的にはレクサスマストと呼ばれることもあるようです。

レクサス車であるために満たさなければいけない基準が、レクサスマスツ。
これは、車の馬力やトルクなど、車のスペック的なものではありません。

レクサス車に乗った時、運転した時に心地いいと感じるような五感で感じる部分の基準。

例えば、有名なところでパワーウィンドウの開閉スピードにこだわっているというのもレクサスマスツの一つ。
レクサス流おもてなしのキホンである「小笠原流礼法」のふすまの開け閉めをお手本として、人が心地よいと感じる速さになっているそう。

またレクサスがこだわる静かさのために、モーター、空調、ファンなどの音量を数値で規定しています。
さらに、トヨタの新しい技術を車に採用するときは、レクサスが一番初めとするという事も決まっているのです。

▼難しく言うとレクサスマスツはこんなかんじ。

●意匠マスツ
一目でレクサスと分かるデザインの基準。
レクサスオリジナルの魅力をレクサス車全てで表現していくためのもの。

●性能マスツ
数値性能
乗り心地や静かさなどをできる限り具体的に数値に規定したもの。

感性性能
安心感、安全、運動性能など、感性で感じる領域にこだわりつくり込みます。
ドア開閉時の音、エンジン音、メーターの光り方、内装のさわり心地や質感など五感で感じる部分。

レクサスマスツの内容、細かい数値などは非公開。
ですが、500項目というずば抜けた項目数の完成基準は本当にすごいです。

目では見えない部分や、五感で感じる部分に相当こだわっているんですよね~。
500項目を、ぜひ見てみたいものです。

意外と知られていないレクサス車のメーカー保証内容

レクサス以外の車メーカーでの保証は、3年または60,000kmのどちらか早い方までというところがほとんどだと思います。

それに対し、レクサスでは新車登録日から5年または走行距離10万キロまで保証してくれるんです。
ちなみにボディー塗装も5年保証。

また、初回車検までの3年間は点検とメンテナンスが無料。
オイル、オイルフィルター、ワイパーゴム、エアコンフィルターなどが3年間無料で交換!

他メーカーでも有料でこの内容を受ける事ができますが、レクサスははじめからついているんですよ。

メーカー保証2年の差、点検、メンテナンス料の差、大きいと思います。

まとめ

レクサスは高級車に間違いありません。
ですが、お値段が高いのには高いだけの理由があります。

今回ご紹介した「レクサスマスツ」はオーナーさんが五感で感じる部分にこだわって、完成基準を設けたもの。
500項目もあるなんて、さすがレクサスですよね♪

レクサスマスツ以外にもレクサスならではの価値って本当にたくさんあります。
そこに納得している方がオーナーになっているんだろうな、といつも思っていましたよ。


契約書にサインする女性の手の画像