ガッカリです(T_T)キング・オブ・レクサスはもう過去の話?

レクサス看板画像
少し前に、リエコのオーナーズラウンジ第1号のTさんが、レクサスの宮田工場へ行かれたレポをお伝えしました。

「レクサス宮田工場」プライベート見学レポート

2018.02.13

Tさんは、その翌日「キング・オブ・レクサス」と言われるレクサス星ヶ丘へ立ち寄られたそうなんです。
レクサス星ヶ丘への訪問をきっとすごく楽しみにされていた事と思うのですが、なんともガッカリするような対応をされてしまったらしいんです…(T_T)

▼NO.1トヨタのおもてなしレクサス星が丘の奇跡はコチラから▼

NO.1トヨタのおもてなしレクサス星が丘の奇跡「あらすじ」

2017.10.11

「キング・オブ・レクサス」なのに信じられません

考え込むスーツの女性画像

宮田工場をルンルン気分で後にして、翌日はレクサス星ヶ丘へ行ってきました。
結論から言うと、かな〜り微妙でした(^_^;)

建物&スタッフ数は、さすがに「キング・オブ・レクサス」と言われているとおり、マイディーラーとは比較にならない規模でしたね。

事前にオーナーズデスクに予約を入れておいたのですが、到着時、たまたまサービスマンが出庫の案内をしていたのでその方の了解を得て、出入り口のすぐ近くのスペースに車を停めたのですが、受付にレクサスレディさんがいるのに誰も出迎えてくれませんでした。

事前にオーナーズデスクに予約した際に「T様のお車の情報等を星が丘にお知らせしますがよろしいですか?」と言われていたので行く目的なども合わせてオーナーズデスクに伝えておいたのです。

受付で、スムーズに事が運ぶかと思いきや、オーナーズカードの提示を求められたり、来店目的も聞かれましたよ・・・
アウェーですから、オーナーズカードの提示を求められるのは仕方ないこととしても、事前にオーナーズデスクを通じて話しておいたにもかかわらず、「何しに来たの?」という感じの対応にはさすがに驚きました。

「オーナーズラウンジは、ここをまっすぐ行って突き当りを右に曲がったところにございます。」と言われ、誘導も何もなかったですよ。

Tさん
私、レクサスに来て、誘導なしでオーナーズラウンジにひとりで向かったのは初めてです(笑)

オーナーズラウンジに入ると、マイディーラーよりも高級で座り心地のよいソファーが並んでいるのですが、来客が多いようで店のキャパが狭く感じましてね。

そのせいか、お世辞にも静かな空間とは言い難く、お店のザワザワ感を遮断できていないようで、ちょっとうるさいですね。
オーナーズラウンジの看板がないので、オーナーじゃない人も入れるんですかねぇ?

そしてびっくりしたのが呈茶のメニューがないこと。

レクサスレディ
何をお飲みになられますか?
Tさん
呈茶のメニューってないのですか?

「????」って戸惑っておられるようでして、メニューそのものもなく、オリジナルのドリンクもないみたいです。
百歩譲って、オリジナルの飲み物がないにしても、普通のメニューすらも提示しないの?と思ってしまいましたよ(>_<)

周りをながめると、他の方もごくごく普通の飲み物を飲んでおられましたし、お菓子はいらないと拒否される方もおりましたよ。

くつろいでいるときに、別のレクサスレディさんが、「ただいま混み合っておりまして、T様のお車を2階に上げさせていただきたいので鍵をお預かりできますか?」ときました。

それは別にかまわないのですが、「お帰りになるときはすぐそこにあるエスカレーターで上がっていただき、2階の受付で鍵をお渡しいたします。」とのことで、そのまま立ち去ろうとするので、「ちょっと待ってください。私、ここ初めてなので、2階の構造もよくわからないのですが!?」と言いましたら、さすがに申し訳なかった感じで添付のレイアウトとパンフレットを持ってきましたよ。

最初に受付のところで、このパンフレットを提示して、ラウンジの場所などを説明すりゃそれで済むことでは?と思いましたけどね(>_<)

眼鏡をしたスーツ姿の女性の画像

案外、2階に上るとそこは静かな空間ですが、2階のラウンジもプレミア感はあまりなかったですね。

売り物の酸素バーを利用する気にもなれずに、暗くなる前に帰ろうと足早に立ち去りました。

2階にいたベテランのレディさんが感じの良い方でしてね、この人はさすがレクサスレディという感じの応対でしたので救われましたが。
(鍵を受け取るときに、すぐ私の鍵を手渡してくれましたしね。よくわかったなぁと)

日頃、マイディーラーで手厚くもてなしていただいているので、私の感覚がマヒしちゃったんですかねぇ・・・(^_^;)
思ったことは、「ここ、レクサスじゃないでしょ」と(笑)

洗車サービスはやってくれているようですが、こんな対応をされるのでしたら、洗車サービスはなくてもいいやと思いました。

少なくとも、ここのディーラーだったら絶対レクサスは買わなかったでしょうね(^^)

好意的にみると、忙しくなりすぎてスタッフに余裕がなくなっているのでしょうが、それにしてもねぇ・・・
あの本(NO.1トヨタのおもてなしレクサス星が丘の奇跡)は過去の遺物になっちゃった感が。
今の星が丘は、わざわざ見学に行く価値もないですね。

まとめ

Tさんの文章を読んで、愕然としてしまいました…。
「レクサス星ヶ丘」を尊敬していた気持ちがガタガタと崩れ落ちるような感じでした(T_T)

このブログで「NO.1トヨタのおもてなしレクサス星が丘の奇跡」という本もご紹介させていただいたのに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ただ、レクサス星ヶ丘はおそらく断トツオーナーさんの数も多く、また本まで出ている店舗ですから全国から来店されるお客様も相当いらっしゃると思います。
(リエコも近いうちに絶対行ってみたい店舗の1つでした!)

ですから、お客様の対応に忙しくて今回のTさんのような事も起きてしまったのかもしれません…。
きっと想像もつかないくらい忙しいのかもしれないですよね…。

今回のTさんの件をブログに記事として載せるかどうかリエコもかなり迷いました。
楽しい話題でもないですし…。
ですが、レクサス星ヶ丘に「昔のように戻ってほしい」という思いから今回記事にさせて頂きました。

なぜなら、このブログをレクサス関係の方も見て頂いているみたいなので、そこから意見として届いてくれるといいなと思うからです。

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。


レクサス看板画像