えっ…そっくり?「レクサスLS新型」と世界で一番美しいあの車

レクサスls,新型,ls500の画像

フルモデルチェンジ予定の新型レクサスLSが、東京モーターショー2017に出展されます。
発売日は、「LS500h」が10月中旬ごろ、ツインターボエンジン「LS500」は少し遅れて12月を予定しているそうです。

▼初めてこのページに来て下さった方はコチラを先に読んで下さいね♪▼

東京モーターショー2017「新型レクサスLS」見に行ってきます♪

2017.10.05

という事は、東京モーターショー前にLS500hは、ショールームで現車が見られる!
楽しみですねー♥

各販売店では、夏ごろからLS500hの先行予約が始まり、最近LS500の予約受注も開始したそう!(販売店ごとに異なります)

そんな新型レクサスLSを友人と眺めていると、「あれ??なんかこの感じ見たことあるような…」と、ある車が話題になりました!


似てると思いませんか?「レクサスLS新型」と世界で一番美しいあの車。

レクサスls,新型,ls500のフロント部分の画像

(出典:https://lexus.jp/)

▲新型LS500です。

アストンマーティンDB11の画像

(出典:http://www.astonmartin.com)

▲アストンマーティンDB11です。

画像を見比べると…なんか似てませんか!?
フロントあたりのラインなんかそっくりだと思うのは、私だけでしょうか?

少し説明させていただくと、アストンマーティンはイギリスの高級スポーツカーブランド。
DB5やDB10をはじめ、映画007シリーズの「ボンドカー」としても超有名♪

ジェームズ・ボンドのカーチェイス場面などで、超高級車なのにボロボロになってしまうあの車です。
アストンマーティンの価格を知っている人は、映画を見ながら胃が痛くなるらしいですよ(笑)

アストンマーティンDB11の価格は2,380万円から!!
1,500万円前後というLS500hの価格をはるかに超えている超高級スポーツカー。

アストンマーティンは「世界で一番美しい車」と言われています。
レクサスもアストンマーティンのマネをしたわけではないと思いますが、美しいデザインを突き詰めていくと、やっぱりデザインって似てくるものなんですね!

私はレクサスLSも、アストンマーティンに負けず、見ていてほれぼれするとても美しい車だと思いますよ♥

レクサスLCの方がもっと似てる!?

レクサスLC500を横から見た画像

(出典:https://lexus.jp/)

▲LC500hです。

アストンマーティンDB11を横から見た画像

(出典:http://www.astonmartin.com)

▲アストンマーティンDB11です。

あれあれ!?
新型レクサスLSよりも、もしかしてLCの方が似てないですか?
この横から見たラインなんかそっくり!!

そして、なんとレクサスLC500とアストンマーティンDB11の性能を比較する動画を発見しました!


英語ペラペラの友人に、動画を見てもらい翻訳してもらったところ、「実験の結果、レクサスとアストンマーティンに大きな違いはなく、同じようなパフォーマンスをする車」という事を言っているそうですよ。

レクサスLCは1,350万円前後。
価格は圧倒的にアストンマーティンDB11の方が高いですし、スペック的にも、アストンマーティンDB11の方がかなり有利。
ですが、実際の走行テストでは2台は同レベル!

価格がほぼ2倍以上のアストンマーティンDB11と、互角な走りをするなんて凄すぎです♥

まとめ

新型レクサスLSは、ボンドカーのアストンマーティンとデザインが似てきましたね。
両者が似てきたのは、美しいデザイン、空気抵抗、機能性などを突き詰めていった結果の表れだと思います。

東京モーターショーに、アストンマーティンも出展していれば♪と思ったのですが、残念ながら予定はないようです。

新型レクサスLS、レクサスLC、アストンマーティン、デザインは似ていますが、それぞれに特徴があり本当にステキな車!
見ているだけでも、にやけてしまうほどかっこいいですっ♪


レクサスls,新型,ls500の画像