レクサスの「レンタカー」今まさに利活用がアツい!

スポンサーリンク

レクサスLS500hをななめ前から見た画像
2018年4月2日よりトヨタレンタカーにて、レクサス車の取り扱いが始まったことをみなさんご存知でしたか?

このブログでも以前レクサスの「カーシェアリング」の事をお伝えしました。

レクサス&メルセデスベンツちょい乗り「若者のクルマ離れ」に歯止め

2018.03.03

レンタカーもカーシェアリングも車を所有するのではなく、「利活用」するという事。
自動車業界ではこの利活用のニーズがすごく高まっているそうですよ。

今回は、レクサスのレンタカーについて詳しくご紹介させて頂きますね。
※ちなみに利活用とは、「利用」と「活用」2つの言葉の意味を合わせた言葉だそうです。

スポンサーリンク

レクサスレンタカーは料金も車種もプレミアム

レクサスのトヨタレンタカーの画像

(出典:https://rent.toyota.co.jp/cp/18_ser_premium03/?adid=ag453_mail_gn_18_mile_18_ser_premium04&padid=ag453_mail_gn_18_mile_18_ser_premium04)

ここ最近、車の利活用ニーズが高まり、レンタカー全体の保有台数はグングン増えているそうです。
その中でも、プレミアムレンタカーの伸び率はスゴイみたいですよ。

そのようなニーズに応えて実現したのがトヨタレンタカーでのレクサス「プレミアムクラス」です。

プレミアムクラスの中でも、料金車種ともに「カレント」と「プレビアス」という2種類に分かれます。
カレントは、フルモデルチェンジ後やマイナーチェンジ後などの最新型のレクサス。
プレビアスはモデルチェンジ前のレクサスとなります。

現在レンタルできる車種は、LS・GS・IS・CT・RX・NXで、もちろんハイブリッド車も♪
今のところレクサスレンタカーを取り扱っているのは18都道府県のみですが、今後もっと増えていくでしょうね。

そして、料金はもちろんカレントの方がお高いです~。
でも、せっかく借りるなら最新型の方がいいですよね(>_<)

リエコ
レクサスオーナーさんは「オーナーズカード」を店頭でチラリと見せると基本料金が20%オフになりますよ~♪

リエコは運転が大好きなので、旅行に行くときはいつも自分の車でどこまでも行きます(笑)
そのため、実はレンタカーを借りたことがありません!

ですから、みなさんがレンタカーを借りるときって何時間単位でレンタルされているのかあまりわからなくて申し訳ないのですが…。

もし新型LSを6時間レンタルすると、41,040円(税込)、フルモデルチェンジ前のLSであれば25,920円(税込)。
レクサスレンタカーの料金

(出典:https://rent.toyota.co.jp/cp/18_ser_premium03/?adid=ag453_mail_gn_18_mile_18_ser_premium04&padid=ag453_mail_gn_18_mile_18_ser_premium04)

RXならば新型で6時間30,240円(税込)、旧型で22,140円(税込)です。
レクサスレンタカーの料金

(出典:https://rent.toyota.co.jp/cp/18_ser_premium03/?adid=ag453_mail_gn_18_mile_18_ser_premium04&padid=ag453_mail_gn_18_mile_18_ser_premium04)

他の車種はコチラから料金をご確認ください。

まとめ

今回、レクサスのレンタカーが始まったのは「利活用」のニーズが高まっていることもそうですが、やはりレクサス車の魅力をレンタカーで体感してもらうというのも大きいとの事。

3月29日にはレクサスミーツがオープンして気軽に試乗もできるようになりましたし、レクサスの事をもっと身近に感じてもらえる機会がどんどん増えていていい事ですよね~♥
▼レクサスミーツの記事はコチラから▼

「LEXUS MEETS...HIBIYA」が見逃せない!

2018.03.20

ただ、リエコ的に気になるのは、レンタカーの場合「レクサスオーナーズデスク」や「オーナーズラウンジ」なんかは利用できるのかな?という事。
まだはっきりとは分かりませんが、せっかくレクサスをレンタルするのなら「おもてなし」の部分も、ぜひぜひ体感していただきたいと思いますっ!

トヨタレンタカーの公式サイトはコチラからどうぞ。

スポンサーリンク

レクサスLS500hをななめ前から見た画像